忍者ブログ
2007年5月、はじめての妊娠・出産を経験し ただいま育児を楽しく奮闘中! そして、2009年5月14日第二子出産★ そんなわたしの赤ちゃん日記♪

2017-07

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア


最新CM
[11/30 cixyrqn]
[11/30 ilxxbfhmpzh]
[11/30 ihnkyrnvhn]
[11/30 gzsiux]
[11/30 ytsuonbq]
最新記事
プロフィール
HN:
naoko
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/03/13
職業:
主婦/看護師
趣味:
おしゃべり!
自己紹介:
2007年5月15日初めての
男の子を出産!
そして、2009年5月14日
第二子の次男を出産☆
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

分娩第2期・・・子宮口全開大~赤ちゃん誕生までの時期

なにがなんだかわからないまま子宮口は全開大
ここまでくるまでに大抵「力みたい!と思うらしいけど
わたしは、よくそれがわかりませんでした。
助産師さんが「力みたい?」と聞いてきても「さあ」って感じで。
でも、ほとんどの時間休みなく陣痛がきてベイビーも下がってきていました
ここ辺りが一番痛いよ~

今、考えてあの痛みを何かにたとえるとしたら、
ボーリングのレーンに横になって、思い切りボールを腰に
ドーン∑( ̄□ ̄)9☆(((≪*☆*ドーーーン!!*☆*≫)))☆
と投げつけられたようなそんな痛み
そんな体験したことないけど、そんなガツンとしたような痛みでした

そんでもって、なんか大きなものがつっかえてる感じ!
そんでもって、ちょうどその頃に破水
思わず「あったか~いと笑顔が出ました。
苦しい中の一瞬の安らぎだった感じ。

そしてまた、陣痛の波が・・・
「もう力んでいいよ!」と助産師さん。
でもなんかわたしは、力み方がよくわからなくてとにかく力んでたけど、
自分でも効果的な力みじゃないことがわかりました。
そして、ものすごい痛いのに頭の中は助産師さんの言葉に
「ツッコミ」をいれたくてたまらない状態。

助「上手ですね~いいですよ!」  
  ウソだね!今のは意味なかったでしょ!は~疲れた

助「もう少し!」 
  さっきからそればっかりじゃ~ん

助「お通じ出すように力むの!お通じ出すようにね!!」 
  わたしお通じしたことないから、その感じわからないですわ
なんてことばかり考えてました。

ほんとにほんとにもう少しってとこまで赤ちゃんが降りて来たときは、
「もうすこしでベイビーにあえるんだあ ワクワク」って感じで
「ぐあああああ」みたいな声出して力んでしまいましたよ
そのときも「今すごい赤い顔して目も鼻も開いてすっごい顔してるんだろうなあ」
と思っていました。

そんな怖い顔の「力み」を5回くらいしたところで、

ベイビーの頭が出て「もう力まないで!」と言われ

ベイビーが出てくるのを息をのんで待つと、2秒後くらいに

「ボコボコボコ ドビャッ」

とわたしの母のように(4月22日記事)本当に温泉がわき、

何かが「トゥルンッ」出てきたとおもったら

「おっぎゃー」という泣き声が聞こえました。

2007年5月15日 
午後1時41分 無事出産デス

PR

ようやく更新です!
空良が生まれてきのうで2ヶ月になりました。はやいなあ

ええと、前回の続きデス。

2007年5月15日 午前9時過ぎ
子宮口は5センチ程開いていました。
ダンナっちは、病院の近くにある会社に何かを取りにでかけました。
その時に、陣痛促進剤が点滴に入れられました
一人で、部屋にいてなんとなくドキドキ


促進剤の作用が出てきました・・・


「うわお」 痛い
ドンドコ痛みの波がやってきては引いていきます。

でも、助産師さんはわたしの顔を見て、
「まだ余裕そうですねえ」なんて言って
促進剤の量をドクターの指示マックスまであげました
余裕っていうか、なんか痛みに強い顔の造りなんですよ・・・
おもーい痛み
が腰にきました。ふとんを握っていないと耐えられない。
痛みが来る間、助産師さんが腰を強くさすってくれたのがかなり助かりました

ダンナっちが1時間後に帰って来た頃にはかなり痛みも強くなっていました。
助産師さんが「水分取りましょう」と言っても、「お食事どうぞー」と昼食が出ても
わたしは何にも口にしたくありませんでした。

だんだん笑える時間も減ってきて、陣痛の来る感覚がせばまってきました
子宮口が8センチほど開いた時点で、分娩室へ移動になりました
12時半すぎ
分娩台へあがりました
助産師さんが「あと、2時間くらい!がんばりましょう!と言いました。
わたしは
「冗談じゃあああああない
ぜったい1時間以内終わらせてやるうううううう
と思いました。
そして祈りました
「神様お願い!1時間以内じゃなきゃ耐えられん!!」
痛さはかなりピーク!でも逃げられないっ
ダンナっちは必死に腰をさすったり、呼吸を整えるため、助産師さんと同じように呼吸法の
指導をしてくれました。これはかなり助かりました
お部屋で腰をさすってくれ始めたときは、助産師さんのように
上手ではなく服がこすれて痛い感じでしたが(正直イラついた・・・)
助産師さんにコツを教わりいい感じに

それにしても痛い。何も話したくない!!!

なんだかわからないまま時間が過ぎて、子宮口全開!

次回はようやく分娩第2期へ

CIMG2168.JPG2ヶ月でこんなに大きくなりました

身長58センチ(出生時47.1センチ)
体重5.5キロ(出生時2890グラム)約2倍!

たしか、体重が出生時の2倍になるのって
3~4ヶ月してからなんだけどなあ・・・
アララ


なかなか寝不足の毎日が続いております

夜中の授乳中は空良を落っことしてしまうんではないかとドキドキです

いま空良は時々「ブー」と言ったり、「プゥ」とオナラをしながらもよく寝ています


さてさて、分娩第1期とは、
分娩開始(陣痛が一時間に5~6回以上または、10分間隔)
から子宮口が全開(10センチ)するまでを言います。


5月14日(月)
入院準備をそろそろちゃんと済ませておこう&ブラブラしたいな~と
思って車でアウトレット、イオン、赤ちゃん用品屋さんなど
6件くらいホイホイ行きましたやっぱ36週にもなると重いな~

夕方少し下腹部キリキリ。 
夜8時前後は急にキッチンをキレイにしたくなってレンジ周りをキュッキュ。
「近い」ってわかってたのか前日の行動はいつもとちがったなあ

いつまでたってもなんとなあく痛い痛みが消えない
なんだこれは・・・8、9、10時代は一時間に4回くらい痛みが・・・

11時代になったらなんか無視できないズッキンが一時間に6回
前も書いたけど、生理痛の激しい感じ。息を止めたくなる感じ。

でもさ、でもさ、初産だしさ、まだ暗いしさ、まだ家にいていいでしょ
こういう時必死に「まだ」と思いたい自分がでてくるのね

寝られない痛みがだいたい10分間隔でやってきては引いていく・・・
だんだんその間隔もせばまったり・・・

ダンナっちは、「俺も俺も」と言って10分間隔で排尿現象。なぜ・・・?

夜が明けてきてシャワーに入ると少し痛みが和らいだ。陣痛じゃないのかな?
やっぱまだでしょ!

一応病院に電話。そのまま入院にならないかもしれないけど、一応来てとのこと。
ダンナっちに車で搬送してもらう。
ローソンでも「イタタタタ・・・」陣痛くると立ち止まってみて。


病院につくと、分娩監視装置と言う
赤ちゃんの心音とわたしの子宮の収縮をみる機械を装着。
まだ、笑顔。
その後、診察。

子宮口は、5センチ開口! 
でも、陣痛が微弱! 十分痛いんだけどなあ・・・

先生からの説明
「このままだとあと一晩はかかるんだけど、
 それだとお母さんにも赤ちゃんにも
 ストレスかかりすぎちゃうから 陣痛促進剤使って、
 今日中に出しましょう。夕方にはうまれるでしょ。」

夕方

今日

今日

マジで


つ、つ、つ、つ、ついに、その時がきてしまった・・・
ってか、予定日よりかなりけっこうはやいんだねぇ 
ベイビーちゃんったら・・・
そっかそっか今日か・・・


息を整えて覚悟をきめました


この続きはまた次回書きマース

CIMG1311.JPG
病院ついて分娩監視装置をつけた時
まだ余裕のピース
この後、あんなに痛いとはなあ~
ナオコです☆

15日に出産して、20日に退院、はやくも1週間以上たちました。
ようやく更新

いや~産まれちゃいましたよ~
本来なら、今日あたりに
「あと4日! ドキドキ!」
みたいなこと書いてるハズだったんですけど

空良はわたしが考えていたよりも、
この世界に早めに出てきたかったみたいですね☆
というか、かなりすでに親孝行
だって、3週はやく出てきたことで、
3回分の検診代が浮いたんですよう
そして、ダンナっちの仕事の都合も一番調整しやすい日
に生まれてくれたんですよ
なんていい子なのかしら

何回かダンナっちが更新してくれたみたいですけど、
ダンナっちの親ばかっぷりとしつこい性格が現れていますね~

次回から、知りたい人も知りたくない人にも、
分娩について第1期から順々に書いて行きたいと思います

今日はとりあえず空良がとっても可愛いということと、
応援してくれている人たちに「ありがとう」を伝えたいと思います

周りの支えやたくさんの愛情に囲まれて空良は生まれてくることが
出来ました。とっても、幸せな子だと思います。そして、その空良の
親となることができてわたしたちもとても幸せです。
これからもよろしくおねがいします

CIMG1418.JPGわたしのお気に入りの1枚
退院の日、カーシートに
乗せてみました
かなり渋茶顔








CIMG1488.JPGお家ではこのカゴ製のベッドに
寝ています
イモムシコロリみたいな













忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様